Menu

オリジナル商品

Home

からしれんこん  1本580円

からしれんこん

原材料: 蓮根、小麦粉、粉からし、こしみそ、砂糖

一本一本丁寧に揚げ、
味付けも全て自家製で作っています!
基本的には5mm〜1cm幅に輪切りして、そのまま食べます。
マヨネーズを付けたりして食べると辛味が少し抑えられます。細かく刻んでチャーハンなどにかけると、シャキシャキした食感がアクセントになり美味しく頂けます。

がんば湯引  1パック580円

がんば湯引

原材料: がんば(ふぐ)

棺桶に入ってでも食べたかった!?
淡白で繊細ながんばを分厚く湯引きしました。
湯引きするふぐは主にナシフグ、トラフグ。
島原地方の方言では河豚(ふぐ)のことを総称して「ガンバ」と呼びます。語源は海外の言語に由来するものを含めて諸説ありますが、あまりに美味しいので命と引き換えに「龕ば→ガンバ」(※龕は棺桶のこと)
「龕ば用意しても食べたい」と切なる思いを代弁したもの、との説が一般的です。

▶下関のふぐ刺と対極
ふぐ刺は薄くスライスするのに対し、ガンバの湯引きは分厚く切り、湯をくぐらせ氷水でしめるのが島原流。肉質は柔らかく、味は淡白。酢醤油でどうぞ。

いぎりす(イギリス)  1パック450円

いぎりす

原材料: イギス藻、人参、油揚げ、青魚(イワシ又はサバ)、濃口醤油、食塩

イギス藻を使用した磯の風味満点の郷土料理!
風味は磯の香り、海の味。
寒天のような食感。
基本はそのまま食べますが、お好みでポン酢や醤油をつけて食べてもおいしく頂けます。
※イギス藻は毎年5月~6月ごろ採れます。

いぎりすのルーツとしてあげられているのが、愛媛県今治地方の「いぎす豆腐」。
島原の乱によって連れて行かれた農民が、故郷を偲んで馴染み深い「いぎす豆腐」を作ったものの、島原ではあまり大豆粉が使われていなかったため「豆腐」が省かれ、現在の「いぎりす」が生まれたという説があります。